不動産業には資格が必要です

不動産を業として営むためには国家試験に合格して資格を習得しなければなりません。
その代表的な資格が宅地建物取引士であって、平成27年4月1日より前は宅地建物取引主任者と呼ばれていました。
宅地建物取引業法の改正によって、資格の呼称が変更になったのです。
不動産会社を経営して不動産の売買や仲介をするためには、宅地建物取引士が少なくとも一人は事業所に在籍していなければなりません。
法人であっても個人経営であっても同じです。
最近の試験は難度が高くなっており、合格率は低いので、勉強をしなければ合格することはできません。
合格最低点も明示されていないため、試験の難度によって合格点が違うこともあります。
専門学校などで勉強する人もいますが、通信教育やテキストで勉強することもできます。
土地や建物のような高額な物件の売買に関与するためには、その取引を行うに足るだけの知識が必要であることから法律で定められているのです。